2011年10月12日

スロバキア、世界から注目される

(ちょっと与那国から離れて番外編)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111012-OYT1T00082.htm?from=top

スロバキア

また欧州の小国が世界的注目を浴びていますね。

ここで、スロバキアという国はどんな国か、少し書かせてください。

スロバキア.jpg
(スロバキアの位置)

スロバキアは人口約540万人、このレベルでは
デンマークやフィンランなど北欧諸国と同等程度で、欧州の国々の規模レベルでは決して小さくはない国家です。因みに、ギリシャの半分の人口です。

国家は選挙で選ばれた大統領がいて、議会制の中で選ばれた首相が行政を執行しています。今の首相はラディツォバー首相という女性首相のようで、初めて昔の共産党系ではない内閣を組閣したようです。

面積は九州より少し大きい程度です。

簡単な歴史ですが、私たちは以前の『チェコスロバキア』という国名が頭から離れていないかと思います。中世の時代、お隣のチェコ(ボヘミア)が長年オーストリアに組み込まれていた準独立王国であったのに対し、スロバキアはハンガリーの勢力下に組み込まれた歴史から、チェコとスロバキアは当然文化も気質も性格が異なります。

第一次・第二次対戦後に成立した『チェコ・スロバキア連邦』という国は、スロバキア側からすれば対等連邦の想いがあったのですが、長年チェコ側優位の体制で存在し続けた為、社会主義政権崩壊後、ヨーロッパの民族意識が台頭した事もあって、1992年大晦日、連邦は解体され、スロバキアが‘分離独立’したかたちでそれぞれ違う道を辿ることになりました。この連邦解体はビロード離婚と称されています。

首都はブラティスラヴァ(Bratislava)という町で、人口約43万(横須賀市ほど)です。ウィーンから50キロという近さにあり、隣のチェコ国境とオーストリア国境は目の鼻の先。ドナウ川が市内を流れていて、城から眺めるドナウの流れはとても美しいです。

4.ブラティスラバ城展望1.jpg5.ブラティスラバ城展望2.jpg12.ブラティスラバ城夕陽.jpg6.ブラティスラバ城.jpg
 (ブラティスラバの町と城とドナウ川)

1.ブラティスラバ駅舎.jpg3.ブラティスラバ駅構内2.jpg
 (ブラティスラバ中央駅)

スロバキアは2009年1月にユーロに入りました。それまでは『スロバキア コルナ(SK)』という通貨でした。隣のチェココルナに対して0.72程度、チェココルナから見れば1.38程度と額面だけ見ればチェコのほうが強かったです(2002年時)。2005年9月初旬のレートは、1€≒約38.5 SK、1SK≒約3.5円、チェココルナに対して同0.76、1.31程度と3年で5.5%ほどスロバキア コルナが上がり、それまでは経済は順調でした。

 お金 旧東欧 スロバキア 表@.jpg
 (旧スロバキアコルナ札)

スロバキアの人は、何かとチェコと対比したがります。だから、チェコがユーロに入っていないのを横目にどうしても背伸びしてユーロに入りたかったのだと思います。国は農業国ですが、チェコが有数の工業国ですので、チェコ側から観ればお荷物だ、と言っていました。

スロバキアへはウィーンから近郊電車で1時間ほどでいけます。東西に細長いので、東部はハンガリーやポーランドにも出られますし、ビザさえあればウクライナにも行けますが、これは交通の便がよくありません。

8.ブラティスラバ トラム1.jpg9.ブラティスラバ トラム2.jpg10.ブラティスラバ トラム3.jpg
 (ブラティスラバ市内のトラム)

ドイツからの国際列車がチェコ側からスロバキアを経由してハンガリーに向かって走っています。よって、経済圏で考えた場合、オーストリアとチェコ、そしてハンガリーと一体となった感じですが、チェコとハンガリーは異なる通貨ですので、この辺一帯はの通貨模様はとても複雑ですね。

17.ブラティスラバ駅.jpg20.ブラティスラバ〜キッサク間 スロバキア鉄道3.jpg18.ブラティスラバ〜キッサク間 スロバキア鉄道1.jpg
 (ブラティスラバから列車で東へ)

26.プレショフ駅列車.jpg
23.ブラティスラバ〜キッサク間 スロバキア鉄道6..jpg31.スピシュNOVA駅.jpg36.スピシュスキー方面幹線車内2.jpg
 (スロバキアの列車の旅)

そんなスロバキアが今回のユーロ危機で注目されているのです。ギリシャに比べて国民は勤勉ですし、美人が多く、でもあまりお金持ちではないので交通機関は安く設定されてます。そんな国民からしてみれば、怠け者のギリシャを助けるなんて感情的には相当な抵抗があるでしょうね。でお、世論調査では、『致し方ない』的に賛成する人のほうが多いらしいですが。
   46.スピシュスキー城2遠景.jpg


 
posted by kazunn2005 at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48437011

この記事へのトラックバック