2010年10月04日

クロネコの表彰状

2010.10.03 N (1).JPG.JPG.JPG 久しぶりの耐久消費財購入です。ついに新しいパソコンが起動しました。思えば長かった・・・ほしいと思い始めて2年でしたから。これでまた海外旅行が遠のきました。

 毎日使う道具が5年半ぶりに新しくなると、まるで新時代に突入したかのよう。そしてさらに!プリンターがついに私の道具として仲間入りしたのです!そうです。今までなかったため、どうしても印刷したい場合は、わざわざ漫画喫茶まで行っていました。

 すべてがリセットされたかのよう!今までお金は旅行や編集費用に費やされていたので、たまには消費財を買うのもいですね。5年前に買ったパソコンをはるかにしのぐスペックにプリンターをつけても、5年前に出した18万の6割程度でこんなパソコンが手に入るのですから、すばらしい世の中になったものです。

 ちなみに、今回は巷の量販店やネットで売っているメーカー品を買いませんでした。実は、友人でパソコンのプロがいて(本当にそれで喰っている)、彼にすべてを託して、パーツから何まで仕入れてもらい、組み立ててもらいました。

 彼曰く、メーカー品は、余計なソフトや機能がたくさん付いていて、値段の割りにその能力が保障されていない、とのこと。さらにいえば、必ず壊れるように設計されているらしい。

 パソコンはその人個人の目的にあったものがよい。私は動画編集をするので、それにあったパソコンにしてもらった。よって、必要ではないソフトは一切入っていない。オフィスもオープンオフィスで十分だ。そういえば、前のパソコンで、一回も使わなかったソフトがたくさんあった。

 さあ、これで編集もストレスなくできるだろう。


で、新しいパソコンでの最初の日記は、旅でも乗り物でもなく、

 かんたんに 『ペット』です。


 うちの愛猫『クロ』が、この10月、我が家に来て以来、22年が経った。22年というのは、人間でいうと90歳以上、もしくは100歳に近い年齢だ。



 このたび、神奈川県獣医医師会より、長寿猫として表彰された。この表彰は、県の『動物フェスティバル神奈川2010』のイベントの一環として茅ヶ崎市役所で行われ、ほかにも、80匹の長寿ワンちゃん(18歳以上)と254匹の長寿猫ちゃんが称えられた。

 


 獣医師会や動物愛護協会がこのようなイベントをやっていることを今まで知らなかったが、とてもいいイベントだと思う。長寿犬・猫の表彰対象として登録され、実際の表彰まで、なんと約80頭が、なんらかしらの事情で表彰を辞退された、という。その‘なんらかしら’という単語に、すべてを汲み取ってほしい。

 簡単に20年〜というけれど、そのような長い時間、家族の一員として大切にされ、かわいがられて生きることは、相当な愛がなければ成り立たない。そして、愛があっても、引越しや一家離散、飼い主の死などの人間側の事件はおろか、飼いきれずに引き離され、悲運な運命をたどるペットもたくさんいる。そして、おぞましことは、ただ単に飽きてしまったから・・・という理由で見捨ててしまう、人間側の勝手な都合で不幸な動物たちが、毎年、毎年、起こっている。江ノ島に行ってください。悲しい眼をした猫ちゃんたちがあなたを待っています。

 そんな現実の反面、こんなに多くのペットたちが表彰されている。この差は単なる運命なのだろうか。外では、里親が現れてくるのをひたすら待っている猫ちゃん、ワンちゃんがいる。ペット店もいいが、こうしたイベントで出会い、抱かれて里親となった人の満足そうな笑顔は観ていて安心する。ただ、里親が見つかるケースは。ほんのわずかだという現実を付け加えたい。

 うちのクロは今日も相変わらず、喰っては寝て、人の顔みりゃ、『メシだせー』とわめく。『るっせなー!』といいつつも、缶詰の『モンプチ』を開けると、うなりながらむしゃぶりつく姿で一安心する。

『今日も生きたな』

 クロの歯はもうほとんどなく、牙2本しかない。たいそう不自由な様態だが、そろそろ医者で牙の歯石を取ってあげなければ、と思うこのごろである。やがてそう遠くない日に別れがくるだろう。残りの日々を大事にしてあげたい。

 ちなみに、うちの‘クロ’という名はあだ名である。実は本名があるのだ。一番最初につけた名前があり、飼い始めた当初に避妊手術をしたときのカルテにその名が刻まれた。その後、本名では呼ばれなくなり、黒猫なので、ただ単に『クロ』という呼び名が定着したのであった。

 しかし、今でも動物病院のカルテや手帳は静かに語っている。クロの本名を。その名は

 『チコ』



(写真1 本日朝のわが主の表情)
(写真2 長寿動物表彰会場 神奈川県茅ヶ崎市役所)
(写真3 賞状とクロ)
posted by kazunn2005 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41087400

この記事へのトラックバック