2011年09月28日

ブルガリアの騒乱

 17.デモ ソフィア.jpg

 早朝、NHKのワールドWAVEニュースを観ていたら、ブルガリアの抗議集会が暴動に発展している事を、ロシアTVを経由して伝えていました。

 NHKのBS1の世界ニュースは、日本では報道されない、または、日本の視点からではない、世界各国の出来事を伝えていて、それを見慣れてしまうと、いかに日本国内のTV報道が幼稚で統制されているのかが解ります。

 さて、今日の朝の報道で一点、ロシアのTVの報道を採り上げます。
 
 舞台はブルガリア。ロマ(ジプシー)人が運転、またはロマ人が雇った運転手が運転したクルマが一般のブルガリア人を轢いてそのまま逃走した、との事。問題はその後、警察は一応検挙したが、たいした捜査もせずにうやむやにした、らしい。

 これに怒った一般のブルガリア市民が各都市で抗議集会を開き、ついには暴動まで発展、警官隊まで出動する騒ぎになっているようです。

 私は現地に居て感じていたのですが、ロマ人に対して、一般の住民は腫れ物に触らないような感じでした。

 なぜだかはよく解りませんでした。

 しかし今朝のこのニュースを聞いて理解できました。それは、過去にロマ人が差別されてきた理由から、今では逆差別的な状況らしく、公共料金の免除から税金、そして自警団を形成しマフィア化ているなど、いろいろ優遇と凶悪化されている事を知らず、ただただ「ロマ人はかわいそう」という感情が沸き起こっていました。

 一般のブルガリア人たちが日ごろの不満を晴らそうと表現の行動に出たわけです。暴力は良くないですが、意思表示する事は大切なのことだと感じます。そして、少々の羨ましさもあります。
  
 そして、なぜロシアのTVが伝えているかと言うと、ロシアは同じスラヴ系民族の国のことを頻繁に報道しているからでして、ブルガリアの他、旧ユーゴ圏や旧ソ連圏も注視しているようです。そういえば、スペインのテレビも南米の事に強いですね。

 いろいろと報道源を探していたらありました。

 http://www.euronews.net/2011/09/27/roma-shops-burnt-after-death-of-bulgarian-man/

 ただ、私が感じたのは、意外と日本の社会も全く縁のない話ではないなぁ〜、と思った次第です。

 16.ソフィア 共産党庁舎.jpg
posted by kazunn2005 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2011年09月19日

本当に円高?

1 アウトバーン.jpg

 円高円高、と騒がれているけど、あくまでも額面だけの話であって、決して本当の意味での円高ではないです。

 購買力平価というものがあって、それで本当の通貨の力がわかります。
http://stats.oecd.org/Index.aspx?datasetcode=SNA_TABLE4
(購買力平価 By OECD. USAを1.00とみる)
 
 13.アイルランドポンド.jpg

 例えば、アメリカで1ドルのハンバーガーがあります。1ドルが100円ならば、日本でも100円で買えるように勤める、というのが為替相場の原則です。

 ところが、為替相場で1ドルが80円になった場合、そのハンバーガーは80円で買える計算になります。100ドルのメガネが、1ドル100円ならば1万円ですが、1ドル80円になれば8000円で買えます。

 また逆に、アメリカさんからみれば、100ドルで買えるメガネが、1ドル80円ならば、125ドル出さないと日本でメガネは買えません。つまり、この場合だけ日本円は価値が騰がった、と見えます。

 アメリカではドルを中心に為替レートが表示されますので、100¥≒1.3$、または、1¥≒0.013017$、と表示されます。私がイギリスにいた時は、1英ポンドが1ユーロいくらなのか?とか出ていて、当時は1ポンド1.5か1.6ユーロでした。逆に欧州側から見れば、1ユーロ0.66ポンド、とか出るわけです。

 ところが、昨今の円高は本当の‘戦後市場(史上)最高値’の円高ではありません(あくまでも最高値ではない、よいう意を強調)。また、通貨(お金)の価値は、株式のように会社の価値とかではなく、基準となるものがありません。円の価値=日本国の価値ではないです。

 今、日本円は1ドル76円くらいで落ち着いてます。円高だ!輸出企業がピンチだ!政府や日銀は何とかしろ!とマスコミが騒いでいますが、本当にそうなのでしょうか。どうも、輸出企業が海外に出る口実を作ろうとしているとしか思えません。

 例えば、先ほどのハンバーガーですが、1ドルのハンバーガーが100円から80円で買えたなら円高ですよね。ところが、では、アメリカ様のハンバーガーが1ドルから1.3ドルに値上げしたらどうでしょうか。1ドル80円計算で104円もします。これだと円高とは感じませんね。

 同様に、石油の値段が2000年のころは、1ドル105円、1バレル(158.987295 リットル)28ドル前後でしたので、リッター18〜20円程度ということですね。

 さて現在は・・・、ここ3ヶ月の為替相場と石油相場は、1ドル80円程度として、1バレル90ドル前後です。つまり、リッター45円程度になります。いくら円高と叫ばれても、11年前に比べて石油は2倍以上も日本では値上がっています。それでもガソリンスタンドでは2倍は超えていないのを観ると、けっこう石油業界は努力しているのかな?と感じます。

 石油は先物なので市場で取引されるのは何ヶ月も先の石油の値段であり、さらに、タンカーに積み込まれた時、その運賃と保険料、陸上での輸送代、製油のコスト、税金等によってガソリンの値段がああなっています。だから、産地から遠くても製油の技術が優れている日本のほうがガソリンが安い、という珍現象も多々観られます。トルコなどは、産油国が隣にあるのに日本より高いんですよ。

 (石油の値段は、産地によって値段がまちまちで、不純物が少なく、ガソリンや灯油向けに使われる軽質油はWTIが有名で高値で取引され、反対に重質で硫黄が多いドバイ原油はWTIより若干安くなる傾向がある)。

 話は元に戻しますが、円高円高と騒いでいるわりには円高ではないんですよ。以下にとあるプログを見つけましたので、参考としてリンクします。

 http://ameblo.jp/fwic7889/entry-10857299636.html

 高いでしょう。

 欧州やアメリカ様は、お札をジャブジャブ刷って世の中にお金をばら撒きました。当然ながらそのお札の価値は下がります。つまりインフレです。リーマンショックで景気が一気に冷えこみ、輸出産業を助け、日本みたいにデフレを避けるため、インフレにわざとしたのです。

 ヨーロッパもインフレが怖いためアメリカほどジャブジャブにしませんでしたが、それでもかなりのインフレになっています。それでいてユーロはアメリカドルに比べてかなり割高なレートといるかもしれません。

 日本はデフレです。値上がりしたのはタクシーの運賃や石油でしょうか。ほかはかわらず、または安くなってます。JRなんか消費税を除けば全然値上げしていません。ヨーロッパの鉄道は毎年値上げしています。国によって高い安いはありますが、英国・ドイツはメチャクチャ高く、イタリアやギリシャは交通費は安いです。しかし、イタリア人の平均月収は15万円くらい、とイタリア在住の親戚が言っていました。なのに、日本とさほど変わらない、食べ物とかは日本よりも高いので相当不満が溜まっているようです。交通費はまだまだ安いですが。

 こうしてみると、1ドル76円で止まっているのは、政府が隠れ介入をやっているのでは?と感じてしまいます。もし、給料が低いまま円安になって物価が騰がればどうなるのでしょうか。スタグフレーションほど恐ろしいものはありませんね。

 とにかく、石油の値段が暴落して、飛行機のサーチャージゼロにならないかな?

 イラク フセイン札.jpg


posted by kazunn2005 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月17日

為替と旅

為替と旅

8.ベルンスイス国会.jpg

 スイス中銀が金利据え置き、スイスフランの上限も維持
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110915-00000121-reu-int

 先日、スイス国立銀行(スイスの中央銀行)が、日本同様通貨高で困っているスイスフラン(CHF)に業を煮やし、ついに行動を起こしました。
 
 10スイスフラン現金(表) - コピー.jpg
 (10CHF札)10フラン≒880.16〜21日円(9月16日午前4時21分現在)

 それは、ユーロに対して対1.2ユーロよりもスイスフラン高になったら、無制限に介入しますよ!ということでした。

 つまり、日本円が米ドルに対して75円よりも円高になったら、問答無用で介入するよ、と宣言したようなものです。

 スイスの首都はベルン、高度な自治州の集まりの連邦国家でして、主に金融財政と外交、軍事は連邦政府が担っています。ユーロに取り囲まれている山の国で、周りがあれよあれよと通貨がユーロになっていっても、英国ポンドやスイスフランはまだ独自通貨のままです。

 7.ベルン チェス.jpg
 (ベルンの連邦政府の議事堂)

 一時、みんなユーロになろう!と、大木の下にみんな集まるかのように、という感じで各国めざしましたが、ギリシャのような、ふたを開けたらトンデモ国家も中にいた!、というような国まで入れてしまったため、宝石とたわしが混じったわけの分からない通貨になってしまいました。

 そしてその咎めが今に至っています。「ユーロはおっかねーから、とりあえず、お隣のスイスさんに資金を移しておこーと」と、、こぞってスイスフランにお金が流れていきました。そして昨年、対ドルで史上最高値を更新し続け、ついに1ドル≒1Sフランを突破し、そして先月、ユーロですら、1Sフラン≒1ユーロ寸前まできました。

 スイス財政当局はこれまでも何回とやら為替介入しましたが、結局効果はありませんでした。なぜならば、いくらがんばっても相手(アメリカ様)がジャブジャブでお金刷っていれば焼け石に水ですからね。

 アメリカ国内では、1ドルで買えるものがどんどんなくなって目減りしているのに、お札も余り刷らず、物価が安定しているスイスの通貨が米ドルと同じように安くなるわけがありません。

 ところが、今度はアメリカだけでなく、隣のユーロも火がつき、いっそう避難資金が流入してきました。さすがにもう我慢の限界!といった感じで、ついに無制限介入という手を出してきました。

 スイス中銀の総裁は、元ファンド筋のフィリップ・ヒルデブラント総裁。彼は投機勢がどういう動きをするのか知っていますが、彼も賭けに出たのでしょう。

 なぜならば、為替レートを都合よく留めさせることなど不可能に近い、と彼自身が一番知っているはずです。もちろん、アメリカのFRBのバーナンキ議長も米ドル安にここ数年仕向けていますが、この咎めはいつか来るでしょう。

 さて、私は今回のスイス中銀の無制限加入のニュースを聞いて、そんな事可能なんじゃろうか?と疑問に思いました。

 これは、対ユーロにおいてスイスフランはペッグ制を採る、という意味なのでしょうか。つまり、スイスとユーロ以外の他の通貨との関係は、ユーロの値動きに準ずる、という意味なのでしょうか。 こんな事が出来れば、円なども対ドルで最低為替レート設定できるのでしょうか。

 ○世界の為替制度

 まず、世界の通貨に関して大まかに分けて以下の制度があります。

※変動相場制(米ユーロ日英スイス豪など)

※固定相場制、半固定相場制(いろんな国)
(一定の変動幅を許容し介入によって事実上ほぼ固定レートとしたもの)

 1.ペッグ制(香港ドル、サウジアラビアリアル:対米ドル)、(デンマーク・クローネ、ブルガリアレフ:対ユーロ)など)

 ブルガリア.png
 (一例:ブルガリア・レフのチャート)

お金 旧東欧 ブルガリア 表@.jpg
 (ブルガリア・レフ札)

 一定の変動幅を許容し、介入によって事実上ほぼ半固定のレートとしたものですが、固定相手が対米ドルだけといった、特定の国だけに対しての固定相場。変動幅は、IMFが示した1パーセントです。中東の多くの国々が米ドルにペッグ(繋ぎとめ)しているので、石油の支払い≒米ドルという図式が成り立ちます。
 米ドルに対して弱い通貨の国にとって、米ドル自体が弱く石油が騰がることは、その国にとってそれ以上に石油が高騰する結果になり、それが各国の物価高に結ばれていきます。

 2.バスケット制(シンガポールドルや人民元など)

 1国のみの通貨ではなく、複数の通貨レートの平均値と自国通貨を連動させ、一国の金融事情に偏ることをさけるための固定相場制度。中身を公表していない国もあります。

 3.管理フロート制

 為替レートを市場メカニズムに任せる形をとるものの、その国の政府・中央銀行が介入して為替レートを管理する制度。人民元は、バスケット制の管理フロート制、香港ドルは、1US$=7.75〜7.85HK$間での変動を認めた、対米ドルペッグ制管理フロート制ともいえます。

 固定相場とは、あくまでもある国の通貨に対してだけの意味であり、すべての国の通貨に対して固定は不可能です(全世界の通貨が固定になれば可能)。

 ○スイスフランは?

 で、話はスイスフランに戻しまして、今回の無制限介入は一見すると、ユーロに対してほぼ固定するよ、と採れなくもないですが、世界の固定相場レートは変動幅を設定しているもの対して、スイスの場合は上限のみ設定した、という事なのでペッグ制ではありません。

 例えば、今回スイス中銀が発表したものは、スイス・フランが対ユーロに対して1.20よりスイス高になった場合は、無制限のスイス売り介入を実施するぞ、という「1.20フロアー制」導入という解釈もあります。

 実は、ユーロに対してペッグ制を導入すれば、ユーロの金融政策、例えば、ユーロが金利を上げれば、どんな経済状況にも関わらずユーロに追随して金利を上げなければいけない羽目になります。スイス中銀は対ユーロを「一定の範囲に収めたい訳ではなく、あくまでも1.20以上のスイス高を避けたい」だけです。

 それを思えば、自国の金融政策権を放棄してまで、それも固定どころか通貨さえも捨てた不況のスペインやイタリアは、もし今、ペセタや伊リラがあれば金利など上げなかったでしょう。その点、英国ポンドは良かったと思います。

 では、果たして、変動相場制の通貨の相場の変動幅を抑える事など可能なのか?つまり、最低為替レート設定が可能であるのか?

 私は素人なので解りませんが、たぶん無理でしょう。もしある国が本気で最低為替レートを設定、何てことは不可能〜。

 もし、日本が「対ドルで円の上限を75円で設定する」としたければ、設定だけは可能だと思います。ただ、なぜそれをしないのか。それはあまりにも大きな賭けだからです。

 ○変動為替レートは操作可能?

 現在市場の一部では、スイス中銀が1.20を死守するには、最低でも1兆ユーロ規模のユーロ買い/スイス売り を継続しなければならないと噂されています。1兆ユーロって、約100兆円ですよ。

 仮に、1兆ユーロ使っても1.20を守りきれず、スイス高がどんどん加速してしまったらどうなるのでしょうか?スイスの経済規模は約5,000億ドルです。1兆ユーロ規模の介入を実施したと想定した場合、スイス中銀の介入による為替損失額を計算すると

10ポイント(1.2000が1.1990へ)動いた場合、損失は10億フラン(約880億円)
100ポイント(1.2000が1.1900へ)動いた場合、損失は100億フラン(約8800億円)
1,000ポイント(1.2000が1.1000へ)動いた場合、損失は1,000億フラン(約8兆8千億円)→  スイスGDP規模の2割の損失 

 さらに、金額的な損失だけでなく、国際金融的信用も失い、さらにスイス高を加速させる・・・失うものは甚大です。これらを日本ができる度胸はあるでしょうか。

 因みに、日本円は、円高円高と騒がれている割には、スイスほど実質実効為替レート(物価とか勘案した本当の意味での為替レート)が対ドルで騰がっているわけではありません。つまり、名目上円高でも、あちらがインフレなので、外国で買えるモノやサービスの価値がそれほど有利になっているわけではない、という事です。諸外国に、「うちは円高で苦しいよ〜、だから円安にしてよ」といっても、「おたくはスイスさんにくらべてしそれほどではないでしょ」
 と、理解してもらえません。だから、日銀の円売り介入なんかは、おおよそお金の無駄遣いに終わるでしょう。マスコミが「日銀は円高を放置している」なんて騒ぐから、いやいややるんでしょうけど。マスコミは、介入がカネの無駄遣いということ、解っているのかな?

 ○旅のヨーロッパのいろんな通貨

 因みに、私が訪れたヨーロッパ各国の小さな国において、訪問するたびにその国の為替レートをチェックしていました。ヨーロッパにはまだまだユーロになっていない通貨がたくさんあります。

 バルト三国のラトビアのラッツ(LVL)なんかは、小国のくせにまるで英国ポンドのようなレートで、5ラッツ札(当時220×5円くらいだった)でけっこうモノが買えました。

 お金 旧東欧 ラトビア 表@.jpg
 (ラトビアのラッツ(LVL))

 チェコとスロバキアのコルナは、国力を反映して似たような国なのにスロバキアのお金がチェコよりも多く換金できましたし、物価が安かったのを記憶しています。今はスロバキアはユーロになってしまいました。

お金 旧東欧 スロバキア 表@.jpg
 (旧スロバキアコルナ)

 アルバニアのレク(ALL)なんか、ギリシャですらごみ扱いされ、国内でもユーロ求められたりして紙幣が泣いていたし、ルーマニア・レウ(RON)は、桁数が多くて混乱し、日々為替レートが全然違うし、お金にもその国の個性が色濃く出てました。

お金 南欧 アルバニア 表.jpg
 (アルバニア・レク札)

 そして、オーストリアの東隣の小国、ハンガリー。変動通貨なのにハンガリーホリント(HUF)などはあまりうごかななぁ〜、と感じたことがあるのですが、規模が小さいと変動幅が小さくなるものなのでしょうか。因みに、HUFは、対ユーロでここ数日けっこう上昇(ホリント高)しています。何かの予兆でしょうか。ユーロがダメなのでHUFにも資金が流れてきています。

お金 旧東欧 ハンガリー 表@.jpg
 (ハンガリーホリント札)

ハンガリー.png
 (ハンガリー・ホリントの対ユーロ相場)

 ポーランドのズロチ(PLN)は、ユーロ入りを悲願としていますが、どうも最近怪しいです。

お金 旧東欧 ポーランド 表@.jpg
 (ポーランド・ズロチの札)

ポーランド.png
 (ズロチの対ユーロレート)

 
 チェココルナ(CZK)は、スイスの代わりの避難通貨として注目されているらしいですが・・・

お金 旧東欧 チェコ 表@.jpg
 (チェココルナ札)

cheko.png
 (チェココルナの対ユーロレート)

 ルーマニア・レウ(RON)はデノミして普通の通貨になりましたが、まだ超弱通貨です。

お金 旧東欧 ルーマニア 表@.jpg
 (ルーマニア・レウ札)

ルーマニア.png
 (ルーマニア・レウ:対ユーロ)

 
 あと、スイスフランはお隣リヒテンシュタイン公国でも使用されています。もちろんユーロも流通しています。お互いが等価になったら彼らはどう感じるのでしょうかね。リヒテンスタインの三分の一は銀行業で喰っているらしいですが、この国の立ち位置は微妙ですね。

 モンテネグロのように正式なユーロ圏ではないのにユーロを流通させているところもあるし、通貨政策はユーロ圏のみならず、東欧諸国にも大きな影響がありますね。

 こうやって、通貨のことも気にしながら旅をするともっと楽しく出来る、kazunn2005でした。
 
 (お札の画像はいずれも2002年時のものです)
 
15.アルプス遠望.jpg
posted by kazunn2005 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2011年09月15日

残暑見舞い

 旅行の計画をたてています。

「え?この前琉球行ったきたばかりじゃなの?」

と言われそうですが、あれは序章です。与那国や西表のことを書こう、と思っているのですが、どうもやる気が・・・

 で、いつ出発するか分かりませんが、一応描きつつあります。旅トモで近年国境越えていないの私だけだからね。

 帰ってきてから、墓参りとか、各種手当ての申請したり、ゆうちょをネットバンキングする手続きしたり、お葬式やあいさつ回り、友人との会談とかけっこう忙しいです。まあ、勤めている人から見れば怒られそうですが。

 そーいえば、失業者って、国保の保険料がすっげー安くなるんですよ。ただ、去年の税金やお国の延滞税、重加算ぜいはまけてくれません。

 話は変わって・・・

 P9100879.JPG

この前、福島の母方の墓参りに行ってきました。青春18で横須賀から福島まで一日がかりで普通電車で単純往復してきました。朝4時半に出たのに、墓に居たのはわずか1時間でした。往復14時間、何ともアホですね。

 この墓は、母と叔母が昭和54年にたてたお墓で、本当は7人か8人兄弟がいるのですが、母の一番近い姉(叔母)の二人だけでたて、ほかは消息知れずです。母が幼い頃に両親が亡くなったので、お墓を造るまでずっとお寺に預けられていました。

 彼らは、小笠原・父島へ商売しに行っていたらしく、太平洋戦争で小笠原が強制疎開された時に、先祖の地福島に戻ってきた、とのことです。

 数年前、父島に行った時に当時の消息を散々しらべたら、一応、戸籍にはありました。しかし、当時普通ではない離縁の記録があり、何だか観てはいけなかったのかな?と思っています。

 今年の福島は特別です。放射能を気にしても仕方がないので、草をむしりながら、今までの勝ってをお互いざんげしようではないか、と祈っていました。

P9100890.JPG
posted by kazunn2005 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月03日

潜伏解除 in Ishigaki

 数日ぶりの更新です。

 私は、与那国から脱出し、西表にいました。幸い、台風11号ナンマドルは台湾、シナ本土方面に去り、先島直撃は避けられましたが、どうも天は消化不良のためか、あれから天気はイマイチでした。

 西表潜伏期間中の滞在先では、ネットはおろか、携帯の電波もあまり届かないところでしたので、何年かぶりにパソコンのない生活を一週間以上もしてしまいました。おかげで、孤独の極みでしたが、いろんな本を読み、虫や動物と格闘していました。 また、最終日ではようやく昔のたびのように楽しい出会いがありました。

 潜伏中は寂しさ極限でしたが、いざこうやって関東に戻ろう、とすると、別の意味の寂しさがこみ上げてくるんですよね。未練タラタラです。

 今、石垣空港横の宿にいます。石垣は都会です。

 明日、羽田行きの便で護送され、この旅が完全に終焉します。

 securedownload[1].jpg
(石垣空港横の住宅地より)
posted by kazunn2005 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行