2012年12月31日

今年もありがとうございました

今年も一年ありがとうございました。

このプログに偶然訪問してくださった方々、わずかな読者ですが、大変貴重です。心から感謝申し上げます。

次はいつ旅が出られるか分かりませんが、厳しい日本でずっと監獄のように生きていくのも限界があるでしょう。きっとまたこのプログの更新で皆様とお会いできると思っております。

では、良いお年を。

posted by kazunn2005 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年12月25日

最後の汽笛街道 (最終回:最後のフロンティア 12 ミャンマー編)

 P1000432.JPG

 2012年9月のミャンマーの風は温かかった。

 訪れる前は、軍事政権やら、北部カレン州の虐殺のような少数民族との衝突イメージがどんよりと暗くのしかかっていたが、いざ上陸してしまうとあっけなくそれらは消えうせた。

 確かに、今なお軍事政権だが、つい2、3年前に行った人のミャンマー観とは全く違う触り心地でこの国を観させてもらった。ヤンゴンで出会ったミャンマー好きの旅行者から聞くと、この国は2010年から急速に変化してきた、という。

 今、日本人がミャンマーを訪れる事はさほど難しくはない。東京か、バンコクで意外とあっけない手続きでビザさえ手に入れれば、堂々とバンコクから一日数往復ある飛行機に乗ることが出来、そのノリで旧首都ヤンゴンに到着すれば、もちろん難なく旅が続けられる。ただ、タクシーは料金をいちいち交渉しなければいけないので、空港から少々面倒を感じるかもしれない。

 さて、そのタクシーに乗れば、バンコクからの携帯の電波は少しも入らないのを確かめるや否や、外界からの‘隔離’も期待できよう。一方、高級ホテルではWI-FIサービスが届き始め、ここもやがて‘普通の国’になりつつある予感を与えてくれるだろう。10年もしないうちにこの国は、外国と電話&インターネット網に塗りつぶされることだろう。

 改めて、あのミャンマーの旅から早3ヶ月が過ぎようとしている。アウンサン・スーチー女史があちこちで話題を振りまき、最高指導者、テ・イン・セイン大統領が始めてアメリカを訪問し、そして逆にオバマ米大統領がミャンマーを訪問するなど、あまりにも急角度で密接な西側外交に舵をきっており、ミャンマーという国名がマスコミに踊ることがとても多くなった。

 まさに今、世界はこのアジア最後の未開の地となったミャンマーに熱い視線をそそいでいる。この国が近い将来、少数民族との対立が和らぎ、タイやインド、西側諸国と交流が深まれば、きっと陸上の国境も開き、東南アジア経由でヨーロッパから日本の対岸である上海あたりまで陸路で横断できる日がくるであろう。

 しかし、その頃には素朴で垢抜けていない今のミャンマーがあるであろうか。紀行文でジャンピングトレインと揶揄してミャンマーの列車の劣悪さを愚痴りはしたが、旅という心のへ窓から観ればこれほど面白いものはなく、後で振り返って、『古きよき開発前のミャンマー』として思い出されるのであろうか。あの心地よい劣悪さは、滲んだカラー写真のように過去の記憶としてすぐに始末されるかもしれない。

 あの人々はあまりにも勤勉であるがゆえに、まさに‘今’だけを追い求めて無我夢中なため、気持ちよいほど素直な心と顔の艶を置き忘れてしまうのではないか、と内心勝手な心配をしてしまっている。思い出せば、街でよく出会ったぼったくりや、両替商の詐欺などは‘悪’のレベルとはほど遠く、実は歯から笑いすら出てくるのだ。しかし、夜の街では、中国の影があるので、その悪のどぎつさは計り知れないが。

P9261667.JPG

P9261668.JPG 
(日本語学校の教室[マンダレーの『富士山』日本語学校にて])

 ミャンマーがなぜ今までのような中華帝国から離れ、いきなり西側とのお付き合いに急にハンドルをきったのか。それはいろいろな人が述べているのでここで詳しく演説はしないが、どんなに国内の少数民族同士が果てしないいざこざを続けようが、やはりこの国は平和を求めているのだ。これからも中国とべったりであれば、富は吸い上げられ、その代わりに武器が流入し、自分たちの祖先のふるさとであるチベットのようになるのが怖かったからかもしれない。ミャンマーは気づくのが遅かったが、ようやく行動におこした。

P9271722.JPG

P9281748.JPG  
 さて、一連のミャンマーの鉄道旅であるが、ここで終わりにさせていただく。都合、11泊12日、1国を周るにはあまりにも時間がなかった。ご存知の通り、ミャンマー鉄道では、外国人が乗れる路線は制限がかけられている。旅のガイドブック『地球の歩き方(ダイヤモンド・ビック社)』に乗車可能路線が載っているので参照してほしいが、今回、最新版として全路線ではないが自分で時刻を調べたので参考にしてほしい。

 いろいろと他にも行きたかった。特に南部方面の路線が乗りたかった。そちらの方は今回は足を踏み入れていないため、どんな景色が展開されるか全くわからないが、今回は空想旅行にとどめ、その手がかりとして、一応、列車の運行予定表と運賃を調べたので、いかに列挙しておく。

 P9191195.JPG

map_rainway-jp[1].jpg

※ミャンマーの一大幹線、ヤンゴン〜マンダレー線
 
 図Yangon-Nayoyitaw-Mandalay線 .jpg
 ヤンゴン→マンダレー幹線 優等列車時刻表(2012年9月現在)修正_ページ_1.jpg 
---------------------------------------------

※南部方面、アンダマン海沿いの路線
 
 図Dawel port線.jpg
 ヤンゴン→マンダレー幹線 優等列車時刻表(2012年9月現在)修正_ページ_2.jpg
 
---------------------------------------------

※(その他路線)
@
図Bagan線.jpg

A
Mandalay- Lashio.jpg
B
Bagan- Mandalay.jpg
C
図Yangon-Pyay線.jpg
 
ヤンゴン→マンダレー幹線 優等列車時刻表(2012年9月現在)修正_ページ_3.jpg

※2012年9月現在、筆者調べ

ミャンマー国鉄 ヤンゴン−マンダレー(2012).jpg   

P9261688.JPG

P1000402.JPG
    
※ ミャンマーの鉄道は設備が古く、快適とは言いがたいが、快適を求める人がミャンマーを旅することはない、と信じる。そして鉄道好きは、本数が1日一本だろうが、バスの何倍の運賃を取られようが、それらの苦難を乗り越えて乗車するものとさらに信じる。汽車の味がいっそう濃くクリーミーに感じるであろう。

 何よりも、レールの上で疾駆している間だけ、あなたはどこの世界にも属さず、はるか遠い異国に地の雲の下で、インターネットとも繋がらず、バスのように運ちゃんの機嫌を気にせず、本当の意味での自由と解放を感じることができるだろう。そして、列車が終点になれば、また現実へと旅立ってゆくのだ。

(おわり)

修正.1996.3.02 島原鉄道 島原外港〜諫早 (5).jpg


次の旅はあるのであろうか・・・

http://www.kitekikaido.com/
posted by kazunn2005 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年12月18日

天空の軌道 (最後のフロンティア 11 ミャンマー編)

P1000276 ゴッティー橋2.JPG

P1000295.JPG

 ミャンマー北部のこの地では、中国とのいざこざが近年になって急増してきました。どこの民族も、あの国家へ抱く感情は同じのようです。では、最終段階になった紀行話に・・・

(10からの続き・・・そして ナウンペンから約1時間、今日のスーパーカット、ゴッティー橋(Gokteik Viaduct)が眼の前に現れる。)

シポー.jpg
(ラーショ線地図)

 巨龍の鉄骨が天を架けるゴッティー橋(Gokteik Viaduct)は、この鉄道旅の最大のターゲットでもあり、見せ場である。またあの谷が目の前に迫ってきたわけだ。

 思い出せば、車の道路旅で散々苦しんだ大崖のような谷は、紙に描かれる地震波のようなつづら折りで克服した。その谷が今度は今ゆくレールの先でまた迫ってくるのだが、道路橋の川幅よりもずっと広く、そして渓谷が峡谷になっている。列車は車よりも勾配に弱い。小回りが利かないためどうやってあの谷を越えるのであろうか。

P9251593 草の中よりゴッティー橋.JPG
(一瞬姿を現したゴッティー橋の遠景)

 進行方向左手に、草陰の向こうにチラッと巨橋が一瞬姿を現した。そう、どうやら一挙に橋でぶち抜けるようだ。橋が観えたかと思うと、また草むらにもぐり、眼下にループの軌道を一瞬見つけては、急坂を斜め降りて蚊取り線香の形ように線形をクネクネ辿りながらトンネルを交えておりてゆく。

Gokteik Viaduct.jpg
(ゴッティー橋手前のループ状の線形)

P9251596 窓辺の少女.JPG
(橋が現れるのを待つ少女)

P9251595 トンネルを出ると.JPG
(トンネルを出ると・・・)

 そしてもうこれ以上は無理!というところでそあのゴッティー橋が登場する。日本の餘部鉄橋を‘さらに倍’にした感じの大橋梁が、グランドキャニオンのような大峡谷をドーンと跨いでいるのだ。

P9251598 ゴッティー橋1.JPG 

P9251602.JPG
(ゴッティー橋(Gokteik Viaduct))

 この大鉄橋は、当時の支配国、イギリスが1901年に建設した(工期は9ヶ月間)。施工はアメリカの会社、『Pennsylvania and Maryland Bridge Construction社』が建設し、鉄はアメリカはペンシルバニア鉄工所から調達した。開業時は、当時の大英帝国の領土の中で最も高さが高い橋だった。その後、1950年に補修されたが、1990年に時のビルマ政府によって第二次補修工事が施され、とりあえず、放棄する意思はない姿勢を示している。橋の全長は689m、一番深い水の流れまでは高さ102m、14の橋脚塔に1つの二重塔を含めた橋梁からなる。そして当時のお金で約113,200英ポンドかかった※6)。

 イギリスは同じころ、スコットランドにも鉄骨製の大橋脚, フォースブリッジ(Forth Bridge)を建設しており、当時の大英帝国の国力をうかがえさせる。芸術として、そして歴史遺産としても貴重な存在だが、建設後この橋は、中国国民党軍を背後から助けた実用的な実績もある。1930年代後半、ラングーン(ヤンゴン)港に荷揚げした物資を重慶の蒋介石支援の為に輸送した際に威力を発揮した。

153.フォースブリッジ大全景.jpg
(イギリス フォースブリッジ[2002年筆者撮影])

 そんな歴史は遠に忘れたの如く、ローカルな列車は、まるで歓喜する乗客たちにしばしの空中散歩を体験させてあげようとあえてゆっくり、ゆっくりと歩くような速さで惰走しているかのようで、とびっきりのエンターテインメントをいただいた感じである。思い起こせばここも写真撮影禁止と聞いていた。しかし、目の前の旅行者は堂々とフラッシュを焚いており、改革解放によって昔のような厳しいものはなくなった証かもしれない。

 
 (動画6:ゴッティー橋)

 橋を渡り終えるとソロリソロリと ゴッティ駅(Gokteik)に到着する。

P9251607 ゴッティー駅.JPG 
(ゴッティ駅(Gokteik)に到着)

 因みに、マンダレー方向からやってきてこの駅で降り、橋脚を渡って次の駅まで歩いたところで、逆からの列車がやって来るタイミングもありなので、そうした日帰りスケジュールも組めてしまう。

 その後列車は、再び峡谷を登る坂道をくねり登り、振り返ると、はるか後方にさがったゴッティー橋の最後の遠景が小さく、小さくなってゆく。

P9251610 高台からゴッティー橋.JPG
(最後のゴッティー橋の遠景)

 さて、台地に到達したあたりでナウンショー(Nawnghkio)に停車。すると、ここで思いもしなかった、貨物列車との行き違いと出会う。見捨てられているかと思っていたこの鉄路であったが、貨物輸送の担い手としてまだ活躍していており、そんな貨車の汽笛を聴けるとは実に嬉しいものである。

P9251613 貨物列車.JPG
(出会ってしまった貨物列車)

 この駅でしばし賑わいを感じていればすぐに発車時間となって、列車は再び西を目指し始める。こうして一連のハイライトが終わったからであろうか、車内には倦怠感が漂い始める。

P9251617 プラットホームの別れ.JPG

P9251623 小さな駅の賑わい.JPG

P9251625.JPG

P9251626.JPG
(小さな駅での出会いと別れ)

P9251629 蒸気機関車時代の名残.JPG
(蒸気機関車時代の名残り)

 徐々に木々の高さが低くなり、気温も少しながら涼しくなってくると高原地帯に入ってゆく。‘軽井沢ゾーン’に入ってきたようだ。

P9251633 高原を行く.JPG
(高原地帯をゆく列車)

P9251632 高原の焼畑.JPG
(焼き畑農業の火・・・)

 突如、雲行きが怪しくなり、進行方向がかなり視界が悪いゾーンが出現。間違いなく雨が降っていると察知し、急いで窓を閉めれば案の定、土砂降りが雨戸を叩く。

P9251636 土砂降り.JPG
(突然の土砂降り)

 そんな土砂降りの中、列車は17:10、ゴッティー橋から55km、定刻より約1時間強遅れて高原の町、ピン・ウールィン(Pyin U Lwin)に到着する。ビシャビシャになったおんぼろ客車だが、深刻なトラブルもなく何とか140キロを走りぬいたのであった。

P9251643 ピンウィリンに到着.JPG

P9251644標高1068m.JPG
(ピン・ウールィン(Pyin U Lwin)駅到着、標高はフィート標記だ)

P9251647 馬車.JPG
(高原の町の名物、イギリス馬車)

 時刻表通りだと列車は17:40に発車する予定だが、駅員に聞くと、あと数十分は発車しない、との事。そうすると、マンダレー到着が午前0時を過ぎる可能性もあり、それは実に困る。なぜならば、宿の確保に問題が生じるからだ。楽しみにしていたこの先のスイッチバックは闇の中で観えないだろうし、私は断腸の思いでマンダレーまでの汽車旅を断念し、ここからピックアップバスでマンダレーに向かうのであった。

P9251653 駅舎.JPG
(ピン・ウールィン駅舎)

(次回は最終回&あとがき)

※1) 『by : E conomic & World Urbanization Prospects The 2007 Revision』
※2) 『戦史叢書 シッタン・明号作戦』, pp.501-502。厚生省援護局1952年調べ。陸軍のみであり、航空部隊は含まない。
※3)『メコン圏を題材とする 書籍』 http://www.mekong.ne.jp/books/nonfiction/020801.htm
※4)『Burma Lifeline 』 http://www.burmalifeline.org/projects/bll_twilight_over_burma.shtml
※5)『シャン州を訪ねる』 http://www51.tok2.com/home/cafemondiale/nss1.htm
※6)『Woodford Station Master's house.』 http://www.transportarchive.org.uk/getobject.php?rnum=L1335&searchitem=&mtv=&pnum=
※6)『Welcome to HighestBridges.com 』 http://highestbridges.com/wiki/index.php?title=Gokteik_Viaduct
James Waite, "The Burma Mines Railway, Namtu"

その他:

http://www.news24.jp/articles/2012/04/11/10203633.html

P1000283 ゴッティー橋3.JPG
posted by kazunn2005 at 23:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行

2012年12月11日

草のてつ道 (最後のフロンティア 10 ミャンマー編)

 ● Dn 132

P9241490.JPG P9251578.JPG

 マンダレー行き 第135列車は、予定より1時間弱ほど遅れてシポー(Hsipaw)の駅を出発した。

P9251552.JPG
(第132列車時刻表)

 列車は、機関車 プラス 客車5輌&尻尾に荷物車2輌の計8輌編成で、一般等級車‘Orginally’車輌がメインの連なりだ。

P9251633 高原を行く.JPG
(132列車の連なり)


(動画3:ゆっくりと進む第132列車)

 一般座席車は、傷だらけなガチンゴチンの木製の椅子だ。草木が散らかり放題の床から湧き上がる緑色の臭気や熱気の草いきれが車内に充満していて、それもそのはず、線路際で大いに伸びている高い雑草が日々力強く成長するので、列車が1日おきに通るたびに巻き込まれては、開いた窓から草刈り機械のごとく‘バリバリ’と切り込まれて車内に飛び散るのだ。そんな強靭草の怖さを知らないおかげで、私も外の風景を写真に収めている最中に、笹の茎に見事に襲われて手のひらを切ってしまう。


(動画4:線路際の草の襲撃の様子)

 列車は‘ダダン♪〜ダダン♪〜(&グジャグジャグジャ)と草を掻き分ける雑音を混ぜながら、とうもろこし、ひまわり、スイカの畑、ヤシの木の林、そして水田の中をゆっくり、ゆっくりと時速40km/h程度の速さで進んでゆく。道路からの景色と違い、鉄道からの風景はより一層大地が近く、先に伸びるか細い鐡路は低い草々に埋もれていて、まるでじゅうたんの道を這うように進んでいる。だが、どんなに自然と一体化していようと、重要なのは、この鐡路は今もまだ生きているということであり、悲しき廃線では決して無いという事だ。単なる自然の大地なら、私にとってこの景色すべてに価値はない。

P9241491.JPG
(草の道をゆく列車)

 列車は、右に左にくねりながら鐡路が導く道のとおりに翻弄され、そのかすかに光る溝色の銀路が少しでも勾配の少ない有利な道を示してくれている。時折集落が見え始めると、まるで存在を誇示するようにタイフォンを鳴り響かせ、それに人々が気づく頃、まもなく小さな駅に到着する、といったテンポで汽車旅は流れてゆく。

P1000257.JPG

P1000248.JPG 
(小さな駅にとってはこのこの列車は外の世界とを結ぶ唯一の架け橋)

 面白い物語の一コマとは日常の中にある。ここで感じる貴重なこの時間も、ほぼすべてが地元客で染められていることこそが重要であり、この車内ではただのいつもの一こまに過ぎない光景が私にとって愛おしい。行商人が担いできたパイナップルの山がデッキに山積みになっていたり、親戚の家に遊びに行こうとしている大家族が大いに奇声を挙げて落ち着かなかったり、賭博に夢中になっている怠け者の男たち、といったこのローカル劇場は、日々の日常であり何でもないことなのだ。それを今、こうやって文章にしている事自体がなんとも面白い。

P9251585.JPG
(物置部屋のパイナップルの山)

P9251565.JPG

P9251583.JPG 
(賑やかな一般座席車)

P1000210.JPG
(静かに過ごす者もいる)

 さて、シポーから約1時間40分、やがて列車は少し賑やかな駅、クアクメ(Kyaukme )に到着する。ここでも売り子の群れが襲ってくるが、何やら身なりが綺麗な学生の集団らしき者たちが乗り込んできて、私を見つけては英語で突然話しかけてくる。

P1000239.JPG
(英語教室の学生さんと先生〈右〉)

 手短に話を聞いていると、彼らは外国語教室の生徒と先生のようで、時々駅に来ては、列車の中の外国人を捕まえて、自分たちの英語を試すだけでなく、外国のことを知ったり学んだりして実地の勉強をしているのだ、と言う。日本ではなかなか考えられないシーンである。私はその中の一人、可愛らしい娘さんに話しかけられようとアピール。彼女の名前はフタインちゃん。将来は橋を設計したりと建築家になりたいのだそう。

P1000237.JPG
(フタインちゃん)

 顔に塗っている化粧は、ミャンマー独特の化粧方式、『タナカ』というものらしい。原料はとても自然に優しいもので、フリーマッケットなどで売っているMUREAEXOTICA(日本名:ゲッキツ/ミカン科)の木の片を摺って、それに水を加えて出来上がり。その顔料をどっぺりと顔に塗るらしく、かといって均等に塗るのではなく、部分的に顔に塗るスタイルだ。皮膚がまだ弱い子供も同じように化粧しているし、化粧と同時に、清涼感があって、熱帯の厳しい日やけの防止になるということだから、UVカットの役割も兼ねているのだそう。

P9251588.JPG
(ミャンマー名物‘タナカ’)

 ただ近年、外国の化粧品がミャンマーにも進出し、他の国の女性と同じように‘美白’願望が強くなった影響で、実に速いテンポで外国の化粧品に流れていっているのだそう。特に現在の大統領、テイン・セイン(Thein Sein)の時代になって以来、本格的に開放路線を採っているためにこの動きが加速している。おそらく10年後くらいという短期間で、相当タナカ離れは進むと思う。しかし、日本民族だって、オシロイや民族衣装を捨てたのだから、‘さみしい’何ていう勝手な旅行者感情丸出しはかっこ悪いのでここでは考えないことにする。

 さて、列車は クアクメを出ると、相変わらず畑や林の中をのんびりと進む。 クアクメから1時間、ナウンペン(Nawngpeng)に到着すると、列車は何と信号待ちをしているではないか。そう、ここで唯一の上下行き違いを演じるのだ。

 こちらの方が先に到着して5分ほど待っていると、やがてマンダレー方向から同じような機関車を先頭にしたラーショ行の列車が‘ゴゴゴゴ〜’と到着すると、貴重な貴重な上下2本の列車が並んだシーンが発生する。その賑やかさは他の駅の比ではない。ほんの僅かな2本同時停車の時間の下で、売り子の群れがあっちへこっちへと散ってはあっという間に祭りの終わりの汽笛が鳴り響き、こちらのマンダレー行きが先に発車していく。

P1000235.JPG 
(大いに賑わった瞬間)

 そして ナウンペンから約1時間、今日のスーパーゴールデンタイム、ゴッティー橋(Gokteik Viaduct)が眼の前に現れる。これを目当てにこの列車に乗っているようなものなので、続きは次回に・・・最終章は近い

(11に続く・・・)

P9251584.JPG


posted by kazunn2005 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年12月06日

シャン族の駅長 (最後のフロンティア 9 ミャンマー編)

P9251577.JPG

● シャン族の駅長
シポー.jpg

P9231457.JPG
(シポー駅)

 かつて明治や昭和の時代、駅長といえば、郵便局長や校長、警察署長と並んで地元の名士の一つとして社会的地位が高かった。それは、あらゆる交通機関の中で鉄道はすべての交通の基本だったからである。

 日本の鉄道はイギリスをお手本としたものであり、‘駅長が偉い’という概念はおそらく本家英国からであったかもしれない。調べてみると、イギリスの駅長もけっこう社会的地位が高く、なぜなら、駅長(Station Master)はVIPや外国の首脳をお迎えする大役を仰せつかっていたため、まあそれなりの風格が必要だったからであろう。その名残の香がまだインドやエジプトなど旧大英帝国域内では残っていて、ミャンマーもその一つであろう。

P9231470.JPG
(シポー駅時刻表)

 この山村、シポー(Hsipaw)のやや町外れに、ホームが一本延びるひなびた情をかもし出す小さな鉄道駅が、炎天下をさえぎる木陰の林の下で静かに息づいている。この木陰の下が賑わうのは、一日の中で午前と午後の二回だけ。それもほんの一瞬だが、そのひと時こそが、この駅の威厳を保たせているのである。

P9231460.JPG

P9231469.JPG
(シポー駅の玄関)

P9231459.JPG

P9231465.JPG 
(昼下がりのシポーの駅)

 陽火が下る午後の昼下がり、今日の野良犬が見回りに来る頃、牛たちと一緒に明日の切符を買いに駅の玄関口に立つ。影に暗い駅舎の中に入ると、一人、すべてにやる気を無くしている若い駅助役が電話交換機を暇つぶしにいじくっている光景がポツンと流れているだけで、私は物珍しそうな顔つきでその助役の顔を覗き込みながら尋ねる。

「おい、駅長はいるか?」

 彼は遠い目つきで私を眺めると、

「しらねーよ。さっきまで居たけどな。どーせ離れの小屋にでも行ってテレビでも観てるんだろ」

「切符を買いたいんだ。売ってくれ」

「ああ?、外国人に切符を売るのは駅長しかできねーんだ。しょうがないな。呼んで来るよ」

そう言い放ち、青年が駅長を呼びに向かったはいいが、牛が構内の草をすべて食べ終わるのではないか、と思うほどずいぶんと砂時計が零れ落ちた頃、デカパンとランニングの姿でコミカルな威厳と共に駅長がやっと登城(場)する。何なんだ、この倦怠感は!?

 どうやらこの駅は、駅長の住居も兼ねている様で、手下の駅員たちはこの駅長に雇われているようだ。この構図は宗主国大英帝国の鉄道文化の名残であろう。※6)

 駅員たちが腫れ物を触るように駅長に接している光景を観ていると、この駅長は確かに町の名士っぽいオーラーを感じてしまう。しかし、それと仕事ぶりとは別の話だ。たかがカーボン紙を下敷きにして手書きの切符を書き上げるのに遥かなる時間が流れ、その間、訪れる町人ヅラの男とくっちゃべり、ニワトリに餌をやり、可愛い孫娘を相手にお散歩ごっこを繰り広げたりと、まさにわが道を行き続ける駅長。目の前の日本人は少〜しイライラしつつも、この男を怒らせては切符は買えない、と言い聞かせ、う〜ん、駅長とは実に偉いお方なのだ、と痛感してしまう。

P9231462.JPG
(駅長)

P9231464.JPG
(元気な駅長の孫娘たち)

「明日の朝10時ころに列車は来るので、30分前くらいには来なさい!」
とグチャグチャな英語で‘命令’する駅長だが、孫娘が真横にいるためか、その表情はゆがんでいて柔らかそうだ。この男に明日の午前、また世話にななるとは、やれやれ・・・。

● 第132列車

 午前10時ころ、プラットホームの上はもう、列車を迎え撃つ準備が整っていて、すでに乗客たちで賑わっている。

P9251555.JPG

P9251553.JPG 
(列車を待つシポーの人たち)

 やがて北東のラーショ方面から、川を渡ったあたりだろうか、かすかに鳴り響いたの機関車のタイフォンに気づくと、それまで退屈な線路風景が一変して豪快な大列車が‘ゴゴゴ〜’と現れる。マンダレー行き第132列車だ。


(動画1:第132列車入線)

 さあ、一挙に忙しくなる。他の外国人旅行者が切符を買い求めるべく駅長に擦り寄るが、爺さん駅長は部下とペチャクチャしゃべりながら手は動かず足も動かず、なかなか切符を発行してくれない。切符の運賃は外国人1人3ドルだ。
「1ドル札3枚分の紙幣番号を書かなければいけないんだよ。悪いけど、この1ドル札5枚を渡すから、5ドル札一枚にしてくれない?」

何で俺が?もう、実にめんどくさいシステムである。

P9251550.JPG
(列車の時間だけ大忙し?の駅長)

 列車が到着したプラットホームでは、果物や地元料理を頭に担いだ売り子たちの群れが一斉に列車になだれ込み、乗客たちに必死のアピール合戦を繰り広げる。そのほとんどが女たちであり、男はあまり見当たらない。ミャンマーの女たちは働き者で、かつ、強い。因みに、スイカの4分の一の切り分けで200チャット(約20円)である。

P1000192.JPG

P1000193.JPG 
(スイカ売りの少女)

 時刻表上の発車だと9:40だが、時計はもう10時半を回ろうとしている。先頭の機関車の方を眺めると、機関士や駅員たちが集まっては何やら機関車の床下でモグモグ作業をしている。どうやら機関車の調子が悪いようだ。別の機関士がエンジンオイルみたいなものを駅から取り寄せて、バーを持ってまた床下に入る。

P9251568.JPG

P9251571.JPG

P9251574.JPG
(第135列車の機関車)

P9251569.JPG 
(なかなかエンジンがかからない機関車)

 そんなこんなで30分ほど格闘した末、ようやくエンジンが入り、長声一発出発進行!。

 世話なったシポーの駅が後ろに流れ、列車は草蒸した本線に掻き分けるように進軍を始め、横切る踏切りで列車の威厳を大いに放つ。援蒋ルート街道の車たちもこの時ばかりは踏み切りで立ち往生しなければいけない。
「列車様のお通りだ!」


(動画2:シポー駅を発車し、援蒋道路を横切る)

P9251581.JPG
(列車のために渋滞する援蒋道路)

(10へ続く・・・)

 ※6)『Woodford Station Master's house.』 http://www.transportarchive.org.uk/getobject.php?rnum=L1335&searchitem=&mtv=&pnum=

P1000182.JPG
posted by kazunn2005 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年12月04日

シャン族の田舎まち (最後のフロンティア 8 ミャンマー編)

P9231471.JPG

P9231478.JPG

シポー.jpg
(シポー《Hispaw》の位置)

 シポー(Hsipaw)の町に到達した。‘シポー’という呼び名は、地元土着の民族、シャン族による呼び名であり、ビルマ名ティボー(Thibaw)という。ここではシャン族名で標記する。

P9241503.JPG
(シポー(Hsipaw)の町)

P9241502.JPG
(町の中心にある郵便局)

 シポーは、その昔現在のシャン州北部 6つの藩の一つ、シポー‘藩王国’の中心地と栄えた。ヒマラヤや中央アジアなどの内陸の山岳地帯というのは敵が入りにくいからか、19世紀あたりまで藩王国で栄えていた例が多く、その独自文化が今も息づいている。パキスタンのカラコルムでもそうであったように、例外なく大国(イギリスや中国など)の侵略にあい、藩領と帝国との二重支配となって弱体化し、最終的には消えていった。

 イギリスに支配されたシポーの藩王国は物語が多く、英領時代のソーボワ(世襲藩主)はイギリスに留学させられた。つまり、意外と丁重な扱いを受けていたのである。そして最後の『ソーボワ』、サオ・チャ・セン(Sao Kya Seng)は、アメリカ留学中に知りあったオーストリア人、インゲ・サージェント (Inge Sargent )と結婚したが、1962年3月、ヘホー空港に向かう途中行方不明になった。後年、その妻が思い出を綴った“Twilight over Burma”という本をタイの出版社から出している※3)※4)※5)。
(英単語‘Twilight’とは、薄明りという意で、日の出・日没後のたそがれ時を意味する)

 その藩王国で栄えたシポーの町も、今では何の変哲もない小さな町に違いないのだが、内面は変哲がけっこうある。人々はビルマ族よりも少し日本か中国人ッぽい顔つきのように感じるシャン族の割合がとっても高く、女の子も、日本人好みの可愛らしい娘が元気よく町を闊歩している。

 子供たちは、勉強の傍ら店の手伝いに忙しく、それでも気まぐれに訪れた外国人に対して笑顔を忘れない。このシャン族食堂のこの子は、客が居ない間は子守や、学校の英語の宿題に忙しくて、それでも私と一緒に単語の勉強をしよう!と言うほど。どこの国も子どもは大変だ。

P9241500.JPG

P9241495.JPG

P9241498.JPG

P1000176.JPG
(この食堂で元気一杯の女の子、みんなに愛されている)

 宿のスタッフとして働いている学生の女の子たちはみな働き者で、こりゃまた愛想がいい。将来は外国に旅行に行きたい、と答える彼女の賃金は1日3ドル。これでは一生かかっても実現できないのが気の毒だ。彼女はオーナーの悪口を言い始めてたが、すぐに笑顔に戻った。

 シャンについて何も知らない私は、思わず、
「ミャンマーとシャンは違うの?」
と質問した。すると彼女は少し厳しい表情を一瞬浮かべては、また笑顔に戻り、少しまじめな瞳で言い始めた。
「シャンは日本軍が撤退した後、アウンサン将軍によって独立を約束させたのよ。でも、彼が暗殺されたために約束が果たされず、ラングーン(ヤンゴン)の政府が強引にここを支配したんです。シャン族は彼らに苦しめられ、この町からもたくさんのシャン族が強制連行されたり、拷問を受けました。だから私たちは自分たちを守るためにシャン地方革命軍(その後北部・南部で別れる)を作って抵抗してきたのです。特にこの町はとっても緊張していていました。その後、この町で北部シャン州軍(SSA North)が休戦協定を結んだので今では平和です。」

 なかなか民族愛に溢れた少女の言葉は私の心にグサッと響き、改めてここはミャンマーであってミャンマーではない、シャンの土地なんだ、という認識を持った。今では平穏に見えるが、もし相手がラングーンの政府ではなくて北京の政府だったら、彼らはチベットのような状態になっていたであろう。

 政治の話は置いておいて、シポーの町を歩いてみよう。

 町は歩いて回れるほどの大きさで、昼間でも死んだように静まり返る日本の田舎町とは違い、どこの商店も品物が豊富で、通りはけっこう活気に包まれている。

P1000162.JPG

P1000161.JPG
(町の青空野菜売り場)

P9241513.JPG

P9241514.JPG
(お米屋さん)

P9241504.JPG

P9241506.JPG

P9241507.JPG

P9241505.JPG
(やっぱりあった、倉庫代わりの日本バス)

P1000164.JPG
(今では比較的自由になった政治色もかかせない)

 そんな町の通りから一歩裏道に入ると、所々、鉄筋造りの豪華なお屋敷が点在しているのが目に入る。これらの多くは中国系の商売人の家らしい。そうと分かると納得することがある。町の商店には簡体字の中国製品が溢れ、町で一番華やかで豪華なレストランは中華料理屋であり、道路には中国からのトラックが頻繁に出入りしている。ここから中国本土まで約200キロ、遠くはないところに巨龍は虎視眈々と控えている。ミャンマーと中国の狭間の小さな民族の将来はいったいどうなるのであろうか。

 中華料理はどこでも食べられるので、あえてシャン族の料理を食べよう。脂っこくなく、意外とさっぱりしている麺類が多いので、きっと日本人にも食べられやすいだろう。
 
P1000169.JPG

P1000146.JPG

P1000147.JPG

P1000148.JPG 
(賑わいをみせる夜のシャン族の料理屋)

 因みに、シポー独自の名産品として、竹細工や野菜、そしてお茶などがある。私が茶工房でまとめ買いしたのが、ラパ茶と言われる、ほうじ茶に近いお茶。これがなかなか油料理に合う。

P9241508.JPG

P9241511.JPG

P9241530.JPG

P9241528.JPG 
(茶工房の様子)

P9241510.JPG 
(当地の名産、ラパ茶)

 そしてシポーはトレッキングの人気名所らしく、ヨーロッパ人が勇んで狩にでも出向くかのようなノリで山の方へ歩き出している光景が、午前中であれば嫌でも目に入る。山には蚊もいるし、用事はないし、興味もない。私は山の中にある温泉にだけ行きたかったが、行ってきたスペイン人の話によると、散々探したけど見つからなかった、という話を聴いて、サクッとあきらめた。

 そんな山々が町に迫る小さな盆地にこの町はある。繁華街?から少し外れると、木細工で出来た小さな民家と、木々や畑に覆われた人々の生活の営みが感じられる。そこには、イギリスさんが置いていった小さな教会が、比較的賑やかな通りに潜む一方、

P9231454.JPG
(教会)
昔から伝わる趣深い仏塔が民家の外れの森の中に静かに佇んでいる。それは実に神々しく鎮座していて、つい思わず神を見上げるように立ち止まってしまうと、突然天から稲妻が舞い降り、激しい滴雨が私を寺に呼び寄せる。

P9241541.JPG
(神々しい仏塔)

 思わず境内の人となった私は、仏像に深くお辞儀をし、しばし何を想ったのか、心の寄りかかり先を求めていたかのように、滴の音を静かに受入れながらしばし無言で仏を見上げていた。

P9241538.JPG

P9241539.JPG

P9241542.JPG
(ミャンマーのお寺)
 
● 援蒋ルート鉄道

 さあ、鉄道の話にいこう。

 シポーの駅は、町の中心より少し西側に外れてひっそりと佇んでいる。草じゅうたんに覆われた鉄道の線路は駅構内に入ると姿を現し、かつては列車がここで上下行き違ったり、貨物列車でも留置したのであろう、数本の線路が平行して土に埋もれている。

P9231476.JPG

P9231477.JPG
(草のじゅうたんに覆われた軌道)

 駅構内だけ草があまりない理由は、時折牛飼いによって導かれた牛たちが、構内の雑草をムシャぶり食い尽くすからだろう。ノッシノッシとどこからか現れた牛の群れが夢中になって駅の草をむしり喰っている、そんなのんびりとした時間が今流れている・・・。

P9231468.JPG

P9231474.JPG
(牛が線路の草を 食べる、食べる、食べる)

 これが駅でのおおよその一日の大部分がそんな空間だ。しかし、一日2回だけ、駅は一瞬の目覚めを催したかのように賑わいを奏でる瞬間がある。それは、マンダレー行きの午前10時ころとラーショ行きの午後3時ころだけに現れる列車の時だ。

 さあ、次回は今回のミャンマー旅のハイライトである、シポーからの列車である。

 (つづく・・・)

P9241518.JPG
(ネコはここでは食べられないようだ)

(参考資料)

※3)『メコン圏を題材とする 書籍』 http://www.mekong.ne.jp/books/nonfiction/020801.htm
※4)『Burma Lifeline 』 http://www.burmalifeline.org/projects/bll_twilight_over_burma.shtml
※5)『シャン州を訪ねる』 http://www51.tok2.com/home/cafemondiale/nss1.htm
posted by kazunn2005 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年12月01日

逆支援の峠道 (最後のフロンティア 7 ミャンマー編)

援蒋ルート.jpg
(援蒋ルート)

(つづき・・・マンダレーを出発したシェアタクシーは、かつて連合軍が蒋介石を支援した道を辿って、シャン族の土地を目指して峠道を疾駆している。)・・・

P9231437.JPG

 登り坂一辺倒の九十九折の峠を越えると、やがて一気にあたりは涼しくなり、窓からは心地よい涼風が入り込んでくる。そこはピン・ウールィン(Pyin U Lwin)、以前はメイミョーと呼ばれた高原地帯だ。

P9231435.JPG
(ピン・ウールィン(Pyin U Lwin)の街)

 植民地時代、下界の猛暑にほとほと疲れ果てた支配者・イギリス人が切り開いた高原の避暑地らしく、日本で言えば軽井沢みたいなところか。町に入ると、並木の傘が美しく覆い、その国道沿いにはドライブインや商店が建ち並んではけっこうな賑やかさを放っている。

P9231434.JPG
(イギリス時代の名残の教会 【ピン・ウールィン(Pyin U Lwin)にて】)

 そのドライブインはけっこうな熱気に包まれていて、30種類以上もあるカレーがテーブルの上に並べられては、好きなカレーをご自由にライスの上に盛ってください、というスタイルだ。鳥肉カレーに牛肉カレー、羊肉にジャガイモカレーなど、香りに誘われてなかなか楽しいではないか。

P9231441.JPG

P9231440.JPG

P9231442.JPG
(カレー三昧のドライブイン)

 お会計のやり方に迷っていると、同乗していた中国人が助けてくれ、おまけにお会計まで世話になってしまった。
『客人には払わせない』と彼はカタコトの英語でそう答え、私はしばし躊躇したが、彼の言葉に甘えることにした。以来、車の中では連中と和気あいあいと旅が進んだのは言うまでもない。

 さて、この辺からシャン州に入る。シャン州にはタイ系統のシャン族という、ビルマ族に次いで2番目に大きい勢力の民族の地であるが、州の中の県によってだいぶ異なり、政治的にミャンマー政府と対立する勢力が今でも活発な活動をしているために、近年まで外国人がなかなか自由に旅行が出来なかった。

 さて、そこからは一転して高原のさわやかな道路となり、点在する林を突き抜けて快調に車は北東方向の街道をすっ飛ばすのであった。すると、待ちに待った鉄道線路が道路を横切るではないか。これが後の主役であるマンダレー〜ラーショ線である。雑草に覆われ、かなり朽ち果てているので本当に列車が動いているのか心配になるが、一応1日1往復は走っているらしい。

P9231475.JPG
(やっと出会えた鉄路)

 街道はこの線路としばらく併走する。やがて線路が離れ、道路が北方向に針を向け、一気に腸のように崖をジグザグ降り始める。

P9231445.JPG

P9231449.JPG
(さっきの峠よりも一段と厳しい)

 そして、その谷底に到達すると小さな川を渡る。

P9231451.JPG
(大渓谷を削る谷底の川)

 これが後に今回の主役である渓谷なのだ。なぜ主役になるのかは、後で述べる。

 そして再び超傾斜道を登る。ガソリンを積んだローリーが、急坂に悲鳴をあげてわき道でドロップアウト寸前で埃を巻き上げているのを眺めてながら我がタクシーは横目で流し、車道はいったん北方向に伸びて標高を稼ぐ。

P9231479.JPG

P9231450.JPG
(大型車はもがく)

 そこから逆V字のように南へターンをすると、たるんだロープのような線形で斜面を登っている鉄道線路とまたかち合う。まさか列車は、あの道路のようなつづら折り方式であの谷底を越えているのであろうか。

 こうしてなかなか面白い援蒋ルートの地形であるが、戦争中はさぞかしこの難儀な道に泣かされたであろう。この道は今でもマンダレーと中国とを結ぶ重要幹線であり、中国に向かうトラックがけっこう走っているので、現代においてもこの援蒋ルートは‘援中ルート’として生きているのだ。因みに、中国に物資を補給するための道路でもあるが、今では逆にミャンマーに物資を輸送する逆援蒋ルートになった感がある。この道を通じて中国から大量の人や物資そして文化がなだれ込み、そして現在、その中国パワーにミャンマーは染められつつある。

 マンダレーより約200キロ、車はシポー(Hsipaw)に到達する。ビルマ名ティボー(Thibaw)と呼ばれるこの町の宿に、私は降り立ち、今宵の最北端地点とした。世話になった運転手や中国人たちに礼を告げ、車は中国方面へ消えていった。

P9231452.JPG
(マンダレーから世話になったシェアタクシー)

 時間の関係で今宵の旅の最北端をここにする。なぜここを最終目的地にしたのか、私もよく分からない。ただ、温泉があるというガイドブックの記述や、何となく雰囲気が良さそうだ、という曖昧な理由付けでここにしたのだ、と宣言してもいいかもしれない。

 一人残された私に、欧米人観光客慣れした高級宿のシャン族スタッフのウェルカム待遇に根気負けし、この幾分心地良さそうな宿で2泊お世話になることにする。

(つづく)(次回は4日 火曜日ごろ)

P9231480.JPG
posted by kazunn2005 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年11月29日

マンダレーの峠道 (最後のフロンティア 6 ミャンマー編)

 援蒋ルートを辿る

援蒋ルート.jpg
(援蒋ルートの一部)

 マンダレーから北東方向へ中国へ通じる道がある。これがかつての援蒋ルートの一部であり、これに沿って鉄道が伸びている。この鉄道が西洋人旅行者にとってけっこう人気のようだが、マンダレー発朝の4時というとんでもない時間に発車するため、いろいろ考え抜いた。そこで、この鉄道を逆方向から乗ってみることにし、往路は車で移動するする事にする。

P9231425.JPG

 蒸し暑い当日の朝、泊まっている宿に私を迎えに来てくれたのはタクシー会社の男だった。バスはかなり早い時間に出てしまうので、前日からタクシーを予約していたからだ。タクシーといっても、一般乗用車に乗れるだけ同じ方向へ行きたい同志を集めてシェアするスタイルで、シェアタクシーとも呼ばれている。経済的だし、タクシー会社も人数分儲かるのでお互い都合がいい。日本ではこういうビジネスは不可能だが。

 シェアタクシーは、予約していた同乗者の家にいちいち立ち寄るためなかなか町を出発できない。ある者は工場の従業員部屋から、ある者は、団地の奥から。運転手は会社から渡された住所のメモだけを頼りに付近を右往左往。そして最後は中国人ビジネスマンの男を乗せてようやく出発!となった。

P9231429.JPG

 南に伸びるマンダレー市内の大通りをゆくと、とある交差点で左に曲がる。実質的にここから援蒋ルートが始まった。マンダレーは盆地の中にある町だが、やがてそれが終わりかけ、江戸旧街道のように木々がざわめく気持ちいい並木街道の景色に移り代わり、道は立ちはだかる眼前の山魂に向かって一直線に伸びる。

P9231428.JPG
(平らな緑の道は山にぶつかるまで)

 その山魂がすぐに額ほどの距離まで近づくと、当たり前のように急勾配が登場する。登り下りが大樹で分けられたつづら折りの険しい道路に、福山通運ロゴのトラックや、京王観光ロゴのバスなどが数珠を連ねるようにもがき登っていて、それを横目にわれ等が年代モノのトヨタ乗用車が煤をぶちまけて抜いてゆく。積載名やトン数まで日本語標記になっている強敵タンクローリなどは抜くほうもハラハラする、まるで碓氷峠か箱根の1号バイパスを登っているようだ。

P9231431.JPG
(ミャンマー版碓氷峠)

 九十九折のこの道こそ、かつて日本軍を大いに苦しませた悲劇の道であり、今、日本車が溢れるその道を這いで行っている私は、鳥肌が少しざわめくほど実に複雑な思いがするのだ。

(つづく)

P9231432.JPG
posted by kazunn2005 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年11月27日

マンダレーの霊魂 (最後のフロンティア 5 ミャンマー編)

P9221395.JPG
■米大統領ミャンマー初訪問、中国けん制の狙いも
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121119-OYT1T00705.htm
■北朝鮮、兵器物資輸出図る 対ミャンマー、日本押収 (朝日デジタル - 2012年11月24日5時55分)
http://www.asahi.com/international/update/1124/TKY201211230786.html

(アメリカのオバマ大統領が先日ミャンマーを訪問した。それまでならず者国家だったミャンマーが一気に国際社会の価値観を共有しようとしている。その証拠に、北朝鮮などの‘元友達’とは距離を置きつつある。ところで、日本の首相はまだ訪問の気配すらない。もちろん、過去にはまだ一度も訪問したことがない。西側の経済制裁を受けていたミャンマーであったが、日本は影ながらチョチョコ人道援助くらいはしていたが、あまりにも西側一辺倒の外交をやっていた為に、すでに現地では中国や韓国企業によって開拓されて出遅れている。最後のフロンティアといっても、日本のミャンマー進出はかなりいばらの道だ)。

 では紀行文に・・・
P9221392.JPGP9221366.JPG

● マンダレーの霊魂

マンダレー.jpg
(マンダレー市の位置)

 ミャンマー第二の都市 マンダレー(Mandalay、発音: [máɴdəlé]) は、※1) 人口約100万人、東西南北から鉄道が集まる交通のクロス町でもある。

P9231406.JPG

P9231409.JPG

P9231422.JPG
(マンダレー鉄道駅)

 ムダに豪華なこのターミナル駅から歩いて外に出ると、染みてくるように浮きあがる汗を覆うように、夜行列車明けの煤けた街の埃との戦いが始まる。それに参ってついタクシーを拾いたくなるが、料金交渉の気力はすでに無く、幌付き荷台トラックのシェアバスや、自転車お兄さんたちを捕まえては大都市めぐりをしながらホテルを目指す意欲もなく、ただただ客引きの誘いを断りながら干された足で街をゆく。

P9231405.JPG
(マンダレーの朝の大通り)

 一つ言えることは、ヤンゴンと比べてとても整った町並みで歩きやすい事であり、碁盤の目のようにカクカクした街の造りにやがて気づく。

 だから、マンダレーの宿屋街への地図を片手に持っていればなかなか迷うことはなく、またそれらは旧王宮の西側近くに集中しているので解りやすい。駅から歩いて20分ほどの所と断定してもいい。その旧王宮は、東西2kmほどの正方形の形をしていて、街はこの旧王宮の南側に市街が広がっている、といった感じだ。

P9221357.JPG

P9221362.JPG
(旧王宮)

 ところで、旧王宮の背後の北側の丘は、『マンダレーヒル(Mandalay Hill、発音:manta. le: taung)』と呼ばれている、標高236m程度の丘が控えていて、山ろくから山頂まで寺院が点在している礼拝のポイントがある。途中でいくつかの仏塔を拝みながら、頂上の寺院に登って行くのだが、なかなか勾配がきつくてとろけそうになる。ゼーゼー言いながら最後、屋根つき階段の脇に江ノ島のような土産屋群の参道のお出迎えに受け、そうしてやっと頂上に到着するのだ。

P9221379.JPG
P9221380.JPG

P9221377.JPG
(頂上の参道とお土産物屋街)

 そしてそこから眺める旧王宮やマンダレーの町並み、そして西側を雄大に流れるエーヤワディー(Ayeyarwady)川(旧称:イラワジ川)は一見の価値はある。特に夕暮れ時からの時間がお勧めだ。

P1000130.JPG
(マンダレーヒルからの夕陽)

P9221393.JPG
(マンダレー市街の夜景)

 さて、王宮があるということは、このマンダレーとはかなり古い町だと思うであろう。しかし意外にもそうでもない。この町は、実は19世紀中ごろになって当時のミンドン・ミン(Mindon Min)という王様が、ブッダの教えに従ってこの地に都を建設したのが始まりらしい。日本で言えば幕末あたりの時代であるので、つい最近出来た町のような感じだ。

 その後まもなくイギリスに占領されたために、王都としての歴史はほとんどない。さらに、第二次大戦が勃発し、日本軍がこの地を占領したために攻撃の標的になり、結局跡形もなく破壊されたのである。

 ご存知の通り、日本はあの時代、ビルマ(ミャンマー)を占領し、連合軍と過酷な戦いを繰り広げた。日本からはるか遠いこの南方の地でいったいなぜ戦わなければいけなかったのであろうか。それは、日中戦争と関係がある。

Burma1942[1].jpg

 日本は、大東亜戦争前は中国と戦闘状態にあった。もう少し正確に言えば、中華民国(国民党)軍と紅軍(共産党)軍を相手に中国大陸を舞台に戦いに明け暮れていた。戦争は数年に渡る長期戦となり、日本軍は国民党軍を追い詰めてもゾンビの如く復活してくる敵にだんだん疲れが出てきた。そこで司令部は、後ろからの補給ルートの存在に眼をつけた。それは援蒋ルートと呼ばれる、アメリカ、イギリス、ソ連が中華民国を軍事援助するための輸送路であった。この道がビルマ経由で雲南省へ通じていたので、この輸送路を遮断することによって国民党軍を弱らせる作戦に出た。こうして日本は、1941年12月に真珠湾攻撃で対米宣戦布告とほぼ同時にビルマにも進撃を開始、南から一気にビルマを占領した。1942年5月にはマンダレーにも到達し、当初の目的である輸送路の遮断は一応実現した。

ビルマに入る前の第15軍[1].jpg
(【☆】ビルマ戦線の日本兵)

 しかし、もう一つ別ルートが生きていた。そのため、国民党軍の壊滅には至らず、そうこうしている間に連合軍が反撃してまたまた泥沼の長期戦に陥り、気づいてみれば、戦線をあまりにも拡大しすぎた日本軍は総崩れ。各戦線で肉弾戦や玉砕が相次ぎ、ついにはマンダレー近郊で大敗北(イラワジ川会戦)を喫した。結局、日本はビルマから血の退却戦争を余儀なくされ、最後は地元のビルマ人勢力からも銃口を向けられ、玉音放送にてビルマでの戦争が終わるのである。

 ビルマ戦線に投入された303,501名の日本軍将兵のうち、6割以上にあたる185,149名が戦没し、生きて帰ってこれたのは118,352名のみであった※2)。そして地元のビルマの人々や国土に多大な悲しみと損害を与えたことは紛れもない事実である。そんな歴史があるのに無関心・完全無知である事は、ミャンマーを訪れている私にとって‘それっていったいどうなの?’という感情をどうしても無視できなかった。

 今回の私のミャンマーの旅はとても短く、そしてスケジュールがぎっしり詰まっている。そこで、貴重な時間をあえて、少しでも日本軍に関係する土地を目指すことで鎮魂の意も含ませるために予定を変更し、かつての援蒋ルートを途中まで辿ってみることにした。観光地・バガンに向かうのをやめて・・・。

 なおご心配なく、それは鉄道探訪も兼ねている。鉄道&歴史を絡めて慰め程度に強引に目的を関連づけよう。

P9221394.JPG
 次回(来週火曜・27日ごろにup)に続く・・・

(参考文献・資料)
※1) 『by : E conomic & World Urbanization Prospects The 2007 Revision』
※2) 『戦史叢書 シッタン・明号作戦』, pp.501-502。厚生省援護局1952年調べ。陸軍のみであり、航空部隊は含まない。

【☆】添付写真引用  『ビルマに入る前の第15軍』
posted by kazunn2005 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行

2012年11月22日

最後のフロンティア 4 (ジャンピングトレイン) ミャンマー編

P1000374.JPGP1000089.JPG

● ジャンピングトレイン

図Yangon-Nayoyitaw-Mandalay線 .jpg
(ヤンゴン〜マンダレー)

 食堂車までの距離は2,3輌分である。だが、足元はコップを逆さまにしたような縦揺れと、揺りかごのような横揺れに阻まれてふらつき、よろけながら何とか香漂うレストランカーにたどり着く。しかしそこでは、趣味の悪い音量で現地のポップミュージックでふんだんに染められ、どんよりとやる気が感じられない従業員と客との馴れ合いが辺りを支配している。その中で独り、外国人がチョコンと座るので、なかなか注目の的になりやすい。

P1000059.JPG
(倦怠感漂う大揺れ食堂車)

 とにかくメニュー表を観なければ話にならない。ボーイだ、ボーイはどこにいる?あぁ、あいつがそうだ。読めるアルファベット標記のメニューを持ってきてくれ!。

 壊れたバネのトランポリンが勢いずく縦揺れが巻き起こる中、私は何とかメニュー表に期待をつなぎボーイが近づいてくるのを喜びのまなざしを向ける。しかし、それをもらっても何が何だかよく分からない。とりあえず、『ナントカNoddle』『ナントカRice』は解るので、麺類と炒飯らしきものを適当にオーダー。すると、汁無しジャージャー麺のような料理がプラスティックの皿に載って現れるではないか。ところがどっこい、見た目よりなかなかいける味で、その他にミャンマービールを片手にすれば、これは立派なご馳走である。

P1000060.JPG
(キモチがリッチに、食堂車の食事)

 しかしこれだけでは腹がふくれない。かといってメニューの大冒険はしたくないのだが、すると、従業員が食べているスープが妙に食べたくなり、指を差す。やはり、何を食べていいか解らない場合は、現地の人が食べているものを指差すのが一番かもしれない。

 コックはどうやら私の希望を理解したようで、厨房の火を強め始める。やがてそのスープはお椀ナミナミなってテーブルの上に運ばれてくるが、ジャンピングトレインの恐ろしさはここで本領発揮!スープが大波を打って激しく軌道の刻みにあわせて盛り上がっては沈むので、なかなか口に到達できない有様である。
 
 まるで闇の大地が激しく怒っているようだ。雨季の空は稲妻が東西南北、豪華絢爛に激しく乱舞し、その模様は下手な芝居を眺めているよりかはるかに芸術的で面白い。そんなものに惚れていると、車内はすっかり虫の息のように寝静まった様子となってしまっている。ミャンマーの夜は意外と早いようだ。

 食堂車で優雅に腹いっぱいスープを口に運んでいる、その隣の車輌である一般座席車からは時々叫び声が聴こえてくる。そう、一般座席車は恐ろしいほど窮屈なのだ。くたびれた木造の椅子にすっかり二人分占有してスヤスヤ眠りに落ちている要領の良い子どももいれば、4人座席に6人くらい詰め込んでは嫌〜な顔しながらあちらを向いて眼を閉じている者もいる。そんなごちゃ混ぜの空間だが、治安はなかなか良い。一般のミャンマー人はたいていは礼儀正しく、そして寛容であり、僧侶も民衆も一緒になってみな安心して一夜を共にする。

 長い長い夜路をゆく第5列車は、夜9時半を過ぎた頃、ようやくタングー(Taungoo)に到着する。ミャンマーの鉄道がヤンゴンから始めて開業した一番北側の駅である。

P1000062.JPG

P1000063.JPG 

P1000064.JPG
(タングー(Taungoo)駅到着)

 さらに3時間北へ走れば道中の中間点、ピンマナー(Pyinmana)に到達する。バガン方面線の分岐点であるが、同時にここは新しい首都、ネピドー(Naypyidaw)の近郊だ。ピンマナーから20分ほど北に走ると、0:20、突然不気味に不自然な目新しい駅、ネピドー駅に到する。2009年に開業した低いコンクリートホーム3面ほどの地平の駅で、跨線橋で繋がっている。

P1000081.JPG

P1000082.JPG

P1000083.JPG
(首都・ネピドー(Naypyidaw)駅)

 2003年から2006年にかけていきなりここに首都を建設し、遷都を実行させたのだから、その大胆さと軍事政権のやりたい放題さに当時は笑いが出てしまったのを思い出すが、しかし、南に偏り、そして、イギリスによる侵略の拠点であるヤンゴンをわざわざ首都にしておく必要もないわけだから、これはこれでいいのかもしれない。

 首都・ネピドーは進行方向左側にある。もちろんこんな時間だから仕方がないのだが、煌々と輝く街路の灯りの下には車一台も走っていないが、だだっ広い道路といい、無駄に明るい街路の灯といい、ほんの少し新首都を見たような気がする。

 ここを過ぎれば後はマンダレーまでそんなに特別なイベントはない。解放の窓からは月の光が追いかけるように差し込み、どこまで走ってもその月は私を見放さなさず、頭上にぶら下げているミコディーが月光のシルエットとなって顔を照らす。時折、車輌が断続的にジャンプして下から突き上げられては空中に舞うような錯覚と相まって、異次元の世界の旅にしばし酔っていた。

P1000087.JPGP1000091.JPG 
 
 朝

P1000098.JPG

P1000112.JPG 
(夜明けの窓辺)

 いつの間にか眼はうつろい、眠っていたことすら記憶と感覚が薄い夜汽車の旅だったが、改めて眼を開けると、見事に東の空が明るい。そう、一晩をついにここで明かしたのである。何であろうかこの達成感は。列車は右手に左手に湖らしき水溜まりに車体を映しながら最後の力走をしていて、その水溜りの群れが東から差し込む陽の光に漫然と輝き始める。

P1000095.JPG
(水溜りが映える)



 朝もやの村々の小さな駅を通過する際、おそらく僧学校に登校する途中であろうか、赤いマントのような僧服をまとった子どもたちがせっせと線路の上を並んで歩いている。これこそミャンマーらしい風景だ。



 そしてここら辺はすでにマンダレー近郊の村であることは何となく感じ始め、次第に車内はソワソワと忙しくなってくる。

 やがてマンダレーの住宅群がいきなり現れ始め、右より左より線路が合流してくるとマンダレー駅は近い。堂々と町の真ん中を貫く列車は、踏み切りを使って大通りを思いっきり封鎖しては、ノッシノッシと歩んで群集の視線を一挙に集めて最後の歩みを続ける。

P1000118.JPG

P9261699.JPG
(終点マンダレーは近い)

 6:15、定刻より何と15分よりも早く、第5列車はマンダレー駅に到達する。やはりHoot(汽笛)が最後を締めくくり、‘ガツン’と客車が停止すると、一斉に人々が低いホームに流れては、四方八方に散らばってゆく。無駄に豪華なマンダレー駅は、上階の切符売り場からホームまで今日一日が始まったばかり。15時間を駆けた古傷だらけの老列車は、夜明けのミャンマーで最後の息をついていた。

P1000124.JPG

P1000126.JPG
(約16時間の旅路を終えた第5列車の兵《ツワモノ》)

※寝台車の‘たび'
P1000338.JPGP1000403.JPG

 寝台券は3日先から駅の窓口で買える。とても不便なシステムのため、手数料はかかるが、旅行会社に頼むのもありだ。寝台車は1列車に1輌しか連結されておらず、7つのコンパートメント部屋に、1部屋に2段ベッドが二つ並んでいる。部屋まで食堂車で雇われている少年たちが食べ物を持ってきてもらう事ができる。また部屋の鍵も車掌から渡されるので、セキュリティーは大丈夫だ。月の光を眺めながらレールのジョイント音を感じ、ベッドで横になる心地は、自分が今この時だけ、あらゆる世界から切り離された究極の自由の中を泳いでいる錯覚を感じるであろう。眼が覚めるとそこは太陽の下。シーツは朝方回収される。掛け布団はない。

P1000402.JPG

参考文献:
※1) CITY POPULATION :『 『by : E conomic & World Urbanization Prospects The 2007 Revision』
※2) http://www.minamitours.com/yangon_circular.htm
※3)『CHINADAILY.com.cn』 http://www.chinadaily.com.cn/business/2012-02/16/content_14622694.htm

その他
『Ministry of Rail Transportation (Burmese)』 http://www.ministryofrailtransportation.com
『Heritage structure still serves railway system』
http://www.myanmar.com/myanmartimes/MyanmarTimes18-343/n010.htm

『Train travel in Myanmar (Burma)』 (http://www.seat61.com/Burma.htm
『世界の鉄道』 社団法人 海外鉄道技術協力協会(2005年6月発行)
『地球の歩き方 ミャンマー(ビルマ)』 '11〜'12 ダイヤモンド社 / ダイヤモンド・ビック社

P1000379.JPG
posted by kazunn2005 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行